アロマ屋女将のもみほぐしダイアリー☆

アロマ屋女将がお贈りする摩訶不思議ダイアリー☆



自衛隊が本格的に与那国島に上陸した




基地が出来るまで人が何人も亡くなったり、怪我をしたり、トラブルに見舞われたり・・・




ボブから知らせを度々受けていた




遂に・・・




島の活性化と島を諸外国から守るためには確かに必要なこと




けれど、それと引き換えに大切な自然や拝所、聖地はいくつも潰されていった




『子供たちが増えて賑やかにはなったよ。けど、今年に入って晴天は一度はない。天が怒っているのかな・・・』




そんなボブの言葉に・・・




『時の流れだね』




そうとしか返せなかった




土地を鎮める、修めるのはまだまだなところの上に自衛隊基地




これが誘致を招いた島の人たちのこれからの学び