アロマ屋女将のもみほぐしダイアリー☆

アロマ屋女将がお贈りする摩訶不思議ダイアリー☆

20161019_220956.jpg 何歳になっても親から言われたことやされたことを忘れることはない




2、3歳のときに
『あんた何か産まなきゃ良かった』




そう言われたことが心に刺さったまま生きることが辛くてしんどい人もいる




親にしてみれば
『そんなことを言った覚えはない。子供が勝手に言っているだけ。』




そう言うが、子供からしてみればこの世で一番信頼し信じて着いて行っている親に酷いことを言われていたら・・・




その傷はやはり一生消えないのかも・・・




それを手放すのは簡単と言う人もいるが深くえぐられた傷にはやはり時間もかかる




イライラして言った些細な言葉




何の気なしに言い放った言葉




それらは相手に深い傷痕を残し、修復すら不可能にしてしまいます




いくら親であっても子供に何を言ってもいいはない




子供であっても1人の個人であり人間です




優しい言葉をお子さんに、パートナーに、家族に、会社の人に、友人にかけて下さい