アロマ屋女将のもみほぐしダイアリー☆

アロマ屋女将がお贈りする摩訶不思議ダイアリー☆

20161031_234558.jpg 人へ贈り物、プレゼントするとき悩む人も多い




相手のことを考えて贈っても相手の好みでないこともある




それは誰にでも起こりうること




貰ったモノが自分の好みでない場合、それを欲しい人がいれば差し上げてもいいと思う




それがモノが活きてくるから




好みでないモノを使いもせず開けることもないなら、モノを生かせてあげればいい




そして贈り物をした人は自分がせっかく選んだのにと思わず、差し上げたあとのことは相手がどうしようと関知しないこと




相手には相手の
モノにはモノの事情がある




これも相手に期待しないことの1つとなる




モノ以外に言葉もある




『可愛いですね』
『カッコいいですね』




そう言われて
『いえいえ、全くそんなことはありません』




そう返すことは相手のご厚意を跳ね退け、押し返していることとなる




カッコいい、可愛いなんていらないんです
言わないで下さい




そう言っているのと同じこと




謙遜は、相手のご厚意を踏みにじることとなる




誉められたら素直に『ありがとうございます』と受けとることで波動も上がる




相手の厚意を無下にすることなく素直に受け取りを☆